別のユーザーを管理者として追加したり、チームのヘルプデスクを設置したり、サポートの連絡先を組織の G Suite ログインページに追加したりすることで、G Suite アカウントの管理がさらに簡単になります。

1

管理者を追加する

別のユーザーを管理者として追加することで、管理者をサポートできるスタッフが確保でき、また管理者不在時のバックアップも任せることができます。

このユーザーには、管理者が行うことのできるすべてのタスクの実行を許可することも、組織の G Suite アカウントの利用に制限を設けることもできます。

管理者の追加について詳しく知る

なし
2

サポートの詳細を追加する

管理者としての負担を軽減するための方法の 1 つが、サポートチームの連絡先情報をログインページに追加することです。こうすることで、たとえば誰かが自分のパスワードを忘れてしまっても、サポートに連絡すればパスワードをリセットできるようになります。

サポート連絡先の詳細は Google 管理コンソールの [会社プロフィール] に追加できます。

連絡先の詳細の追加について詳しく知る

なし
3

サポートチームのトレーニングを実施する

ヘルプデスク チームは、このページに記載された管理者向け、ユーザー向けトレーニング ガイドをすべて使用できます。さらに、管理者または導入スペシャリストとしての認定を受けることもできます。

認定管理者になる

なし
4

チームのヘルプデスクを設置する

管理者はチームをサポートするための独自のヘルプデスクを設置できます。

ヘルプデスクを設置するにはさまざまな方法がありますが、その一例を次に示します。

なし
5

トラブルシューティング

問題解決の手段として何を利用すればよいのかをヘルプデスク チームが把握していることが大切です。G Suite 管理者ヘルプセンターでは、Google サポートチームへの連絡方法から一般的な問題を自助努力で解決する方法に至るまで、さまざまなサポート オプションを提供しています。

G Suite 管理者ヘルプセンター

なし
6

トレーニング ツール

新しいサービスを最大限に活用できるようチームをサポートすると共に、ユーザー向けヘルプセンターや「今週のヒント」動画なども参考にするようアドバイスしてください。基本的な機能から専門的な機能に至るまで、さまざまな有益な情報を提供しております。

ユーザー向けトレーニングにアクセスする

なし