G Suite の導入にあたっての考え方、手順、おすすめの利用方法について知識を深めましょう。組織を G Suite に移行する際は、以下のガイドとチェックリストをご利用ください。メールの設定、ユーザー アカウントのプロビジョニング、データの移行、LDAP サーバーとの同期を行うための具体的な手順が記載されています。

移行ガイド

以下の移行ガイドは、G Suite への切り替えに向けて組織の足並みを揃えるのに役立ちます。

ガイド

使用目的

使用目的

こちらの小規模企業向けのガイドでは、ユーザーが G Suite をすぐに活用できるようにするための効率的な移行プランを説明しています。

使用目的

こちらの技術移行ガイドでは、G Suite を設定するための技術的な手順とヒントを紹介しています。メールの設定、ユーザーのプロビジョニング、データの移行、モバイル端末の設定などの手順が含まれます。

使用目的

従業員数が 250 名を超える(または LDAP を使用している)企業で G Suite を導入するために行うチェンジ マネジメントの実用的なガイドです。事例紹介、ベスト プラクティス、ヒントなどが記載されています。

使用目的

このチェックリストを使用して、組織の現在の IT 環境を調べてください。各種設定、アカウントのプロビジョニング、データの移行を追跡すると共に、導入前のトレーニングと各種資料の必要性を判断するのが目的です。

使用目的

G Suite の設定が完了したら、このレポートを使用して、導入プロセスの評価、導入活動の効果の測定、導入から学んだことの記録を行います。

データ移行ガイド

以下のガイドは、ユーザーのデータを古い環境から G Suite に移行する方法や、ユーザー自身でデータの移行を行うための方法を決定するときに参考になります。

ガイド

使用目的

使用目的

この移行ガイドを使用すると、ユーザーのメール、連絡先、カレンダーの予定を、現在の Microsoft アカウントまたは PST ファイルから G Suite にユーザー自身で移行できるようになります。

使用目的

この管理者ガイドでは、ユーザーのメール、連絡先、カレンダーの予定を、Microsoft、Novell®、GroupWise®、Cyrus、Courier、Dovecot などの RFC 3501 準拠 IMAP サーバーから直接移行する方法を説明しています。

使用目的

このガイドでは、ユーザーのメール、連絡先、カレンダーの予定を、IBM Notes サーバーから直接移行する方法を説明しています。

プロビジョニング ガイド

以下のガイドでは、ユーザーをプロビジョニングする方法と、ユーザーのデータとパスワードを既存の LDAP サーバーと同期する方法を説明しています。

ガイド

使用目的

使用目的

この管理者ガイドでは、G Suite ユーザー アカウントをプロビジョニングするために、ユーザーのデータを Microsoft® Active Directory® や IBM®Domino® などの LDAP サーバー内のデータと直接同期する方法を説明しています。

使用目的

ユーザーの設定が完了したら、この管理者ガイドを使ってユーザーの G Suite パスワードを Active Directory パスワードと同期します。

使用目的

この同期ガイドでは、ユーザーが Gmail、カレンダー、連絡先に Outlook からアクセスできるようにする方法を説明しています。

ネットワーキング ガイド

中規模、大規模の企業向けに用意された以下のガイドは、組織で複雑なネットワークや複数のドメインを使っている場合の最適な運用方法を判断するのに役立ちます。

ガイド

使用目的

使用目的

大規模な IP ネットワークを G Suite 向けに最適化します。世界中に分散された複雑なネットワークの管理者を対象としていますが、より規模の小さいネットワークの管理者にとっても有益な情報が含まれています。

使用目的

このガイドは、事業部門、ブランド、地域ごとにドメインを使い分けている組織を対象としています。ドメイン管理において G Suite で利用できるオプションと、組織にとって最適なアプローチを決定する前に検討する必要のある重要事項が示されています。