1

技術仕様書の下書きを作成して共有する

新しいウェブサイトの開設を計画している場合は、Google ドキュメントを使用して技術仕様書の下書きを作成しましょう。次に、組み込む機能について全員の同意を得られるように、その仕様書をチームと共有し、意見を聞きます。

2

ファイルをまとめて保存してアーカイブする

技術仕様書やスクリプトなどのファイルを Google ドライブに保存すると、いつでも、どの端末からでもアクセスできます。また、ファイルの内容に誤りを見つけた場合やビルドしたファイルを公開する準備ができていない場合に、前のバージョンに戻すことができます。

3

簡単に効果的なウェブサイトを作成する

会社のイントラネット、チームのプロジェクトのウェブサイト、顧客ポータルなど、どんなウェブサイトでも Google サイトを使えば簡単に作成できます。Google サイトは他の Google サービスに統合されているため、ドキュメント、スプレッドシート、カレンダーなどの挿入も簡単です。複雑な開発作業は必要ありません。一般公開サイトの場合は、Google マイビジネスでサイト トラフィックを増やすことができます。

4

ウェブサイトの魅力をアップする

ウェブサイトは訪問者をめぐって競い合っており、ウェブ トラフィックを増やすにはサイトを目立たせることが重要です。まずは鮮やかな画像、印象的なテーマ、美しいフォント スタイルによって強いインパクトを与えましょう。そして、カレンダー、マップ、YouTube の動画などを追加して、対話機能を強化します。Google+ で最新情報を投稿したりオンライン プロモーションを実施したりして顧客と交流するのも効果的です。さらに、検索エンジン最適化(SEO)を促進し、サイトを検索結果で見つけてもらいやすいようにします。

5

ウェブサイトをモバイル向けにする

スマートフォンからウェブサイトにアクセスする人も多いため、さまざまなモバイル端末でサイトがスムーズかつ確実に機能することが重要です。Google サイトを使用すると、画面のサイズに合わせてウェブサイトのコンテンツが自動的に調整されるほか、電話番号のタッチボタンなどのデバイスに特化した機能が追加されます。AdWords でモバイル トラフィックを増やすことも可能です。キーワードはモバイル ユーザーの傾向に合わせ、文字数を減らして短くし、簡潔で的確な内容にします。

6

高機能でダイナミックなウェブサイトを作成する

高度な機能やスクリプトを作成するには、Google App EngineGoogle Cloud Platform を使って、ウェブサイトやモバイルアプリを構築します。メール アカウントでのログイン、データベースへのフォームの回答の保存、コンテンツ管理システムの作成など、さまざまな機能をサイトで利用できるようにしましょう。Cloud Platform のリビジョン コントロールでは、公開中のサイトに影響を及ぼさずに新しい機能を開発できます。変更をプレビューしてサイトの各バージョンを比較してから、適用する変更を選択してください。

7

プロトタイプをチームやクライアントと共有する

海外のチームやクライアントと仕事をしている場合は、ハングアウトでのチャットやビデオ会議が便利です。画面を共有すれば、下書きを早い段階で見せたり、公開前に意見を聞いたりすることができます。

8

進捗やスケジュールを管理する

チームで複雑なプロジェクトに取り組んでいると、期日の変更、作業の進捗状況、最新の情報などを全員が把握することが困難になる場合があります。Google スプレッドシートでプロジェクト計画やスケジュール表を作成して共有すれば、機能の対応状況やリリースの締め切りを全員が把握できます。誰もが世界中のどこからでもリアルタイムで作業の進捗を直接記入できます。

9

メーリング リストで関係者全員に確実に伝える

プロトタイプや作業ステータスの更新情報をチームと共有するには、Google グループを使ってメーリング リストを作成します。このリストにより、1 つのメールアドレスで全員に一度に連絡することができます。

10

訪問者のフィードバックを収集、分析する

顧客の意見に基づいてウェブサイト全体の機能を強化するには、Google フォームを使ってオンライン アンケートを作成し、サイトの満足度を測定して、ウェブサイトに反映させます。Google アナリティクスで訪問者のトラフィックを分析すれば、マーケティング キャンペーンをより効果的に進めたり、サイトの信頼性を高めたりすることもできます。

まだサービスをご利用でないお客様

無料試用を開始

営業担当へお問い合わせ


既にサービスをご利用のお客様

トレーニングとヒント