1
すべての作品をオンライン ポートフォリオに保存する

作品を見込み顧客に紹介したい場合や、デザイン ファイルを 1 か所に保存したい場合は、サイトでウェブサイトを作成し、ブランドのガイドライン、写真、デザイン パターン、テンプレートを共有しましょう。ファイルを変更すると、ウェブサイトのコンテンツも自動的に更新されます。

2
効果的なプレゼンテーションを作成する

チームにアイデアを提案する場合や、外部クライアントからの賛同が必要な場合は、スライドを使って説得力のあるプレゼンテーションを作成できます。グラフ、画像、動画、その他のクリエイティブ アセットを活用し、効果をさらに高めることができます。アイデアを共有すれば、建設的なフィードバックを得ることも容易になります。

3
新しいデザイン コンセプトに関する意見を聞く

ブランド キャンペーン、デザインの概要などに関して新しいことを思い付いたら、Google+ に投稿して共同作業者から意見をもらうことができます。Google+ コミュニティを作成してアイデアや写真、動画を共有し、会話を始めましょう。フォームを使って簡単なアンケートを行い、プロポーザルについての意見を聞けば、アイデアの方向性が適切かどうかがすぐにわかります。

4
デザイン作業を追跡、更新、共同編集する

大規模なデザイン プロジェクトに取り組んでいる場合は、スプレッドシートでプロジェクト計画を作成し、作業をすばやく割り当てられるようにします。共同作業者は作業の進捗をスプレッドシートで直接更新できます。共同作業者の数が多くても、レビュー プロセス中のファイルの変更履歴を簡単に管理できます。ドライブを使えば、アクティビティ ストリームでファイルに対するコメント、編集、移動、共有を行ったユーザーを確認できます。ドキュメントスプレッドシートスライドでは、誰がいつ変更を行ったかをバージョン履歴で確認できます。リアルタイムでドキュメントを共同編集したり、ファイル内でチャットしたり、コメントや提案機能で的を絞ったフィードバックを集めたりすることができます。

5
会議前に予備知識をチームメンバーと共有する

会議やブレインストーミングを行う前に、予備知識としてチームメンバーにファイルの内容を確認してもらいましょう。カレンダーでメンバーに会議の招待を送信する際に、ドキュメント、プレゼンテーション、議題、その他のクリエイティブ アセットを添付すると、チームの全員がアイデアを出し合う準備ができます。

6
デザイン ファイルを整理しておく

クリエイティブ アセットを 1 か所にまとめる必要がある場合は、作業用のファイルやフォルダをドライブに保存しましょう。そうすれば、共同作業者や外部クライアントとすぐに共有できます。他の人がフィードバックを書き込んだり承認したりしたときに、ドライブならば、どのファイルが変更されたかが表示されます。

7
共有ファイルの安全を確保する

機密ファイルを外部クライアントと共有する場合は、ファイルをダウンロード、印刷、コピーできないように指定できます。プロジェクト終了後に外部クライアントや代理店がファイルにアクセスできないように、有効期限 を設定することもできます。外部ファイルをダウンロードしようとすると、ドライブによってほとんどのファイルでウィルス スキャンが実行されます。ウィルスが検出されたファイルはダウンロードされません。

8
グループで共有する

デザインのモックアップやステータスの更新を共有したい場合は、グループを使ってメーリング リストを設定しましょう。そうすれば、1 つのメールアドレスで全員に連絡することができます。カレンダー、サイト、クリエイティブ アセットの共有にもグループを使えます。グループ内のユーザーは全員が、そのグループで共有されているファイルにアクセスできます。グループでは組織内外のユーザーを簡単に追加、削除できます。

9
ビデオ会議でアイデアを共有し、話し合う

離れた場所にいるチームメンバーにもブレインストーミングに参加してもらってすぐに意見を聞くには、Hangouts Meet のビデオ会議を使用しましょう。まず、デザインの概要を議題と共有します。次に、会議中に画面を共有してアイデアを提示します。Hangouts Chat を使えば、アイデアへのリンクやその他のオンライン リソースを会議の参加者全員に送信できます。

10
サイズの大きいファイルを共有する

デザイン プロジェクトに取り組んでいる場合、サイズの大きいファイルをいつもメールで送信できるとは限りません。添付する代わりにドライブでファイルを共有しましょう。共有相手が G Suite や Google アカウントを持っていない場合も、メール内のリンクをクリックすればウェブ上でファイルが開きます。

まだサービスをご利用でないお客様

無料試用の開始

営業担当へのお問い合わせ

サービスをご利用中のお客様

トレーニングとヒント