1
プロジェクト タスクを追跡、更新、共同編集する

スプレッドシートで動的なプロジェクト計画とガントチャートを作成し、プロジェクト、課題、期限を管理しましょう。チームメンバーは世界中どこからでも作業の進捗をスプレッドシートで直接更新できるので、プロジェクトの情報は常に最新の状態に保たれます。

2
1 つのアドレスを使用してチームの全員に連絡する

プロジェクト チームで情報を共有する必要がある場合は、Google グループのメーリング リストを作成します。チームをグループに追加すると、1 つのメールアドレスを使用して更新情報やリソースをメンバー全員に一度に送信できます。

3
プロジェクトやチームのスケジュールを管理する

全員が最新情報を把握できるように、マイルストーン、期限、リマインダーを確認するためのプロジェクト カレンダーや、会議、トレーニング、休暇用のチーム カレンダーなどの共有カレンダーを作成します。対応可能なメンバーを確認するときは、複数のカレンダーを重ねて空いている時間帯を探します。

4
デジタル資産を安全に保存、共有する

プロジェクトのドキュメントや画像などのファイルをドライブチームドライブに保存して、チームで共有しましょう。ドライブの共有機能とアクセス制御により、簡単で安全な共同作業が実現します。変更内容はすべてクラウドに同期されるため、メンバー全員が最新のコンテンツを表示できます。

5
重要なメールを簡単に検索、整理する

さまざまなチームと複数のプロジェクトに携わっている場合、特定のメールにスターを付けて重要であることを示したり、Gmail優先トレイで自動的にメールを並べ替えて優先度を付けたりすることができます。また、プロジェクトごとにフィルタやラベルを設定すると、メールの検索や返信が容易になります。

6
インパクトのあるプレゼンテーションを作成する

ビジョンを共有して主要な成果物を提示し、グラフやチャートでプロジェクトの効果を示すには、スライドのプレゼンテーションを作成します。遠隔地のチームと作業する場合は、Hangouts Meet のビデオ会議中に組み込みの画面共有機能を使用して、離れた場所にいるチームメンバーに画面を固定表示できます。

7
プロジェクトのウェブサイトを作成する

Google サイトでプロジェクトのハブサイトを構築し、更新情報、タイムライン、成果物、カレンダー、ドキュメントを 1 か所にまとめます。これで、チームの重要な情報が 1 か所に集結し、誰もがいつでもどの端末からでもアクセスできます。

8
ドキュメントを作成して共同編集する

ドキュメントで、会議の議題、プロジェクト提案書、エグゼクティブ レポートなどを作成すると、リアルタイムでドキュメントを共同編集したり、ファイル内でチャットしたり、コメントや提案機能で的を絞ったフィードバックを集めたりすることができます。いつ誰がどの変更を行ったかを確認したり、前のバージョンに戻したりする場合は、変更履歴機能を使用します。

9
チームでビデオ会議を行う

いつでもあらゆる端末で、遠隔地のチームメンバーと Hangouts Meet のビデオ会議を行えます。出張の手間や費用をかけなくても、お互いの顔を見ながら話し合うことができます。

10
会議前に予備知識をチームメンバーと共有する

事前にチームメンバーが関連ファイルを確認できれば、全員がアイデアを準備して会議に参加できます。カレンダーで会議の招待状を送信する際に、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなど、会議に関係するファイルを添付しましょう。

まだサービスをご利用でないお客様

無料試用の開始

営業担当へお問い合わせ

既にサービスをご利用のお客様

トレーニングとヒント