1
資金調達を成功させる

資金調達の計画や実行には時間がかかり、調整も簡単ではありません。計画段階では、同僚が予定の詳細やスケジュールをいつでも確認できるように、チーム用のカレンダーを作成します。準備が整ったら、カレンダーを使って予定を知らせ、ドライブに保存したチラシなどの添付ファイルを追加します。次に、外部向けにイベント ウェブサイトを構築し、サイトを使って詳細、連絡先、申し込みフォームなどを掲載して、参加者がどの端末からでもすべての情報を 1 か所で見られるようにします。

2
注目度の高いキャンペーンを立ち上げ、公表する

非営利団体の資金調達は非常に競合性が高いため、支援者や新会員候補に対して説得力のある資金調達キャンペーンを展開する必要があります。サイトで効果的な画像やその他の関連情報を掲載したウェブサイトを作成して、組織の理念を強調します。組織の社会活動を広く知ってもらうため、スライドで印象的なプレゼンテーションを作成し、録画した動画を組織の公式 YouTube チャンネルでホストしたあと、フォームを使って既存および新規スポンサーのターゲットを絞り込みます。その後、すべてのファイルを組織のウェブサイトに埋め込みます。ウェブサイトの準備が整ったら、革新的なアイデアをメンバー間で共有し、さまざまな支援方法をボランティアに知らせるなどして、組織の Google+ ページでキャンペーンのプロモーションを行います。

3
効果的な資金提供の申請書を作成する

ドキュメントを使って、非営利団体向けに質の高い資金調達申請書を作成します。組み込みのリサーチツールによって、ドキュメント内から直接、グラフ、情報、その他のデータを検索できます。下書きを同僚と共有して同時に編集(または編集内容を提案)したり、コメントや組み込みのチャット機能を使ってリアルタイムのフィードバックを得たりすることもできます。変更履歴からいつでも変更を確認し、必要があれば前の版に戻すことができるため、下書きをいくつも作成する必要はありません。

4
組織の重要な資産を 1 つのウェブサイトで集中管理する

サイトを使って、組織内のニュース、ブログの投稿、資金調達イベント、キャンペーン、オンライン フォーム、トレーニング コンテンツなどを 1 か所にまとめ、非営利団体の管理情報を簡単に管理することができます。組織の重要な情報が 1 か所に集結することで、全従業員が(または特定のボランティア グループのみが)いつでも、どの端末からでも情報にアクセスできます。

5
ペーパーレス化で日々の業務を効率化する

毎日の業務をオンラインで管理しましょう。休暇申請、ハードウェアの購入依頼、ボランティア登録などの電子フォームをフォームで簡単に作成し、従業員のスケジュールや期日などの重要な管理タスクをカレンダースプレッドシートで管理することができます。ファイルをドライブ フォルダに保存することで、すべてのデータが最新の状態に保たれ、同僚とフォルダを共有すれば、誰かがファイルを編集するたびに全員が最新版を閲覧できるため、リアルタイムでフィードバックを追加できます。

6
デジタル資産を安全に作成、管理する

非営利団体が作成して管理するデジタル コンテンツの量は、増加の一途をたどっています。ドライブを使って、画像、ロゴ、PDF 形式の資料、キャンペーン動画などのリッチメディア資産を保存・管理しましょう。ドライブはクラウドと同期しており、全員が常に最新のコンテンツにアクセスできます。また、共有機能とアクセス制御により、外部の資金提供機関との簡単かつ安全な共同作業が実現します。

7
重要なメールを簡単に検索、整理する

資金調達キャンペーンを管理したり、資金調達の申請書をまとめたり、メンバーに毎月ニュースレターを送信したりする際には、受信メールの管理が重要です。特定のメールにスターを付けて重要であることを示し、Gmail優先トレイでメールを自動的に並べ替えて優先度を付けることで、重要なメールから確認できるようになります。特定の予定やプロジェクトにフィルタやラベルを設定すれば、メールの整理、検索、返信がより簡単になります。

8
採用候補者やボランティアの募集、面接、新人研修の時間を短縮する

応募者の情報をフォームで送信してもらい、候補者を絞り込んで、ハングアウトであらゆる場所にいる相手と面接を行うことができます。サイトで作成したウェブサイトに、チェックリスト、重要な情報、新人研修のタスクを掲載し、新人研修のプロセスを合理化します。

9
従業員やボランティアのトレーニングを時と場所を問わず行う

多くの非営利団体では、従業員やボランティアが世界中で活動しています。サイトでウェブサイトを作成し、さまざまな場所のユーザーを 1 か所でトレーニングしましょう。新人研修項目、組織のポリシー、その他のドキュメントをすべてドライブに保存し、それらのファイルをトレーニング サイトに埋め込んで、自習型のトレーニング ポータルを作成します。ライブのトレーニングが必要な場合は、ハングアウトを使って世界中でバーチャル講座を開けば、時間と出張費用の節約になります。共有のトレーニング カレンダーを作成してサイトに埋め込むことで、誰でも事前にコース スケジュールを確認できます。

10
スタッフや支援者など大勢の人と手軽にコミュニケーションを取る

チーム内のスタッフ ミーティングであれ、資金提供者、メンバー、ボランティア、支援者、クライアントとのコミュニケーションであれ、全員との意思疎通は大変な作業になりがちです。グループを使えば、簡単かつ効果的に全員とコミュニケーションをとることができます。グループにメールアドレスを追加することで、1 つのアドレスでグループ内の全員にメールを送信する、カレンダーの予定にグループを招待する、グループ内でドキュメントを共有する、といったことができます。また、オンライン フォーラムを作成して、業界の話題について議論したり、組織に関する質問に回答したりすることも可能です。

まだ G Suite をご利用でないお客様

無料試用の開始

お申し込みのヘルプ

すでに G Suite をご利用のお客様

トレーニングとヒント