スプレッドシート スタートガイド

このガイドの PDF 版を保存できます。Chrome ブラウザを使用している場合は、このページを印刷して [PDF に保存] を選択します。Chrome 以外のブラウザまたはサードパーティ製の PDF ツールを使用している場合は、それらでウェブページを PDF ファイルとして印刷する手順を確認してください。

スプレッドシートでできること

タスクリストの処理、プロジェクト計画の作成、グラフやフィルタによるデータの分析など、さまざまな作業を行うことができます。

Google スプレッドシートを使用すれば、スプレッドシートの作成や編集をウェブブラウザで直接行うことができます。特別なソフトウェアは必要ありません。複数のユーザーが同時に作業したり、他のユーザーの変更内容をリアルタイムで確認したりすることができます。また、変更はすべて自動的に保存されます。

必要なもの:

account_circle G Suite アカウント

schedule 10 分

Google スプレッドシート
1

作成または読み込み

作業を開始するには、新しいスプレッドシートか既存のスプレッドシートが必要です。

このセクションの内容:

1.1

新しいスプレッドシートを作成する

次のいずれかを行います。

新しいスプレッドシートを作成する
1.2

既存のスプレッドシートを読み込んで Google スプレッドシートに変換する

別のプログラムで作成した既存のスプレッドシートを読み込んで Google スプレッドシートに変換できます。

  1. Google ドライブにアクセスします。
  2.  
    新規
    > [ファイルのアップロード] をクリックします。
  3. パソコンで、ドライブに追加する既存のスプレッドシートを選択します。読み込めるファイル形式は、.xls、.xlsx、.xlt、.ods、.csv、.tsv、.txt、.tab などです。
  4. ドライブで、変換するスプレッドシートを右クリックします。
  5. [アプリで開く] を選択し、[Google スプレッドシート] を選択します。

別のプログラムで作成したスプレッドシートを変換すると、元のファイルのコピーが Google スプレッドシート形式で作成されます。変換後のファイルは、他の Google スプレッドシートと同様にブラウザで編集できます。

Excel スプレッドシートの場合

Microsoft® Excel® スプレッドシートをすでにドライブに保存している場合は、Google スプレッドシートに変換することなく更新できます。

既存のスプレッドシートを読み込んで変換する
2

コンテンツの追加

スプレッドシートを開いたら、作業を開始できます。Google スプレッドシートでは、変更はすべて自動的に保存されます。

このセクションの内容:

2.1

データを入力、編集する

  1. スプレッドシートの名前を変更するには: [無題のスプレッドシート] をクリックし、新しい名前を入力します。
  2. テキストまたはデータを入力するには: セルをクリックしてテキストを入力します。
  3. その他のアイテムを挿入するには: [挿入] をクリックして、グラフ、画像、図形描画、関数、メモなどを追加します。

注: 使用できる関数を確認するには、Google スプレッドシートの関数リストをご覧ください。

データの入力と編集
2.2

スプレッドシートをカスタマイズする

スプレッドシート内のセルを選択し、ツールバーのオプションを使用して書式を設定します。

undo redo  print

直前に行った変更を元に戻したり、やり直したりします。またはスプレッドシートを印刷します。

format_paint

任意のテキストから書式をコピーし、別の部分に適用します。

データの表示形式を通貨またはパーセントに設定する、小数点以下の桁数を変更する、などの操作を行います。

Arial 10

フォントまたはフォントサイズを変更します。

format_bold format_italic strikethrough_s format_color_text

テキストに太字、斜体、取り消し線を適用したり、テキストの色を変更したりします。

format_color_fill

セルの色を追加または変更します。

border_all

セルの枠線を追加または編集します。

セルを結合します。

format_align_left vertical_align_bottom text-wrapping text_rotation_angleup

テキストの配置、折り返し方法を変更したり、テキストを回転させたりします。

insert_link add_comment insert_chart_outlined

リンク、コメント、グラフを挿入します。

filter_list_alt

データをフィルタ処理します。

functions

関数を追加します。

2.3

行、列、セルを操作する

  1. 行、列、セルを追加する - 1 つのセルまたは複数のセルのまとまりを選択します。メニューバーの [挿入] をクリックし、どの場所に行、列、またはセルを追加するかを選択します。
  2. 行や列を削除または非表示にする - 行の数字または列の文字を右クリックし、[削除] または [非表示] を選択します。
  3. 1 つのセルまたは複数のセルのまとまりを削除する - 削除するセルを選択します。[編集] > [セルを削除して既存のセルを上に移動] をクリックするか、[編集] > [セルを削除して既存のセルを左に移動] をクリックします。
  4. 行や列を移動する - 行の数字また列の文字をクリックして選択し、行または列を新しい場所にドラッグします。
  5. 先頭の行や列を固定する - スプレッドシートをスクロールしても、一部のデータが同じ場所に固定表示されるようになります。メニューバーで、[表示] > [固定] をクリックし、固定する位置を選択します。
行と列の移動
2.4

複数のシートを処理する

シートを追加する: スプレッドシートの下部にあるシートを追加アイコン add をクリックして別のシートを追加します。

シートを削除またはコピーする: シートを開きます。スプレッドシートの下部にあるシートのタブで下矢印 arrow_drop_down をクリックし、[削除] または [コピー] を選択します。

複数のシート
3

共有と共同編集

チームのメンバーや社外のユーザーとスプレッドシートを共有できます。変更は同時に行うことができ、他のユーザーが行っている変更をリアルタイムで見ることができます。G Suite を利用していない相手とファイルを共有することもできます。

このセクションの内容:

3.1

スプレッドシートを共有する

特定のユーザーとファイルやフォルダを共有するには:

所有権または編集権限を持っているファイルのみ共有できます。

  1. ドライブで、譲渡するファイルやフォルダを右クリックし、共有アイコン person_add を選択します。
  2. [ユーザー] に共有したいユーザーまたはグループの名前かメールアドレスを入力します。

    注: 社外または組織外のユーザーを追加できない場合は、G Suite の管理者にお問い合わせください。

  3. 編集アイコン edit をクリックし、アクセスレベルを変更する:
      • 編集者: コンテンツを追加、編集したり、コメントを追加したりできます。
      • コメント可(一部のファイルのみ): コメントを追加することはできますが、コンテンツを編集することはできません。
      • 閲覧者: ファイルを閲覧することはできますが、コンテンツの編集やコメントの追加を行うことはできません。

    共有相手全員に、ファイルやフォルダへのリンクを含むメールが送信されます。

  4. (省略可)メールにメモを追加するには、メモを入力します。メールを送信しない場合は、[メールで通知] をオフにします。
  5. [送信] をクリックします。

ファイルまたはフォルダへのリンクを共有するには:

ファイルやフォルダへのリンクを他のユーザーに送信すると、リンクを知っている全員がファイルやフォルダを開けるようになります。なお、リンクを共有した場合は、自分の名前がオーナーとして表示されます。

所有権または編集権限を持っているファイルのみ共有できます。

  1. ドライブで、譲渡するファイルやフォルダを右クリックし、共有アイコン person_add を選択します。
  2. 右上にある [共有可能なリンクを取得] をクリックします。
  3. [リンクを知っている 組織名 の全員がアクセスできます] をクリックし、アクセスレベルを選択します。
    • 編集者: コンテンツを追加、編集したり、コメントを追加したりできます。
    • コメント可(一部のファイルのみ): コメントを追加することはできますが、コンテンツを編集することはできません。
    • 閲覧者: ファイルを閲覧することはできますが、コンテンツの編集やコメントの追加を行うことはできません。
  4. [リンクをコピー] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。
  6. メールなど共有する媒体にリンクを貼り付けます。

チームで共有する
3.2

スプレッドシートの共有を停止する

オーナー権限を持つファイルまたはフォルダの共有を停止するには:

  1. ドライブで、共有するファイルまたはフォルダを選択します。
  2. 共有アイコン person_add をクリックします。
  3. 下部にある [詳細設定] をクリックします。
  4. ファイルまたはフォルダの共有を停止するユーザーの横にある削除アイコン close をクリックします。
  5. 変更を保存 をクリックします。

オーナー権限を持つファイルまたはフォルダへのリンクを削除するには:

ファイルへのリンクを削除しても、共有しているユーザーと自分は引き続きファイルを表示できます。

  1. ドライブで、共有するファイルまたはフォルダを選択します。
  2. 共有アイコン person_add をクリックします。
  3. [リンクを知っている [組織名] の全員] > [オフ - 特定のユーザーだけがアクセスできます] をクリックします。
  4. [完了] をクリックします。

3.3

コメントや返信を追加する

  1. ドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかで、コメントを追加するテキストを選択します。
  2. コメント アイコン comment > コメントを追加アイコン add_comment をクリックします。
  3. ボックスにコメントを入力します。
  4. (省略可)特定のユーザー宛にコメントを付けるには、プラス記号(+)の後に相手のメールアドレスを入力します。追加できるユーザー数に制限はありません。コメントと併せてファイルへのリンクを含むメールが、そのユーザーに送信されます。
  5. (省略可)特定のユーザーにコメントを割り当てるには、[割り当て先] チェックボックスをオンにします。
  6. [コメント] または [割り当て] をクリックします。

コメントや返信を追加する
3.4

ユーザーと直接チャットする

チャットを使ってリアルタイムで共同編集を行うこともできます。複数のユーザーがスプレッドシートを開いているときにチャットを表示アイコン chat_show_chat_24dp をクリックすると、グループ チャットが始まります。これにより、スプレッドシートを閉じることなく、すぐにフィードバックを得ることができます。

4

印刷とダウンロード

スプレッドシートのプリントアウト、他の形式、コピーが必要な場合も、Google スプレッドシートですべて用意できます。

このセクションの内容:

4.1

スプレッドシートを印刷する

スプレッドシートを印刷するには、[ファイル] > [印刷] をクリックするか、印刷アイコン print をクリックします。

印刷するスプレッドシート、追加するオプション、希望するレイアウトを選ぶことができます。

スプレッドシートを印刷する
4.2

他の形式のバージョンをダウンロードする

他のプログラムで開くことができるようにスプレッドシートをダウンロードするには、[ファイル] > [形式を指定してダウンロード] をクリックし、次のいずれかの形式を選択します。

  • Microsoft Excel(.xlsx)
  • OpenDocument 形式(.odt)
  • Adobe® PDF ドキュメント(.pdf)
  • カンマ区切りの値(.csv)
  • タブ区切り形式(.tsv)
  • ウェブページ(.zip)
他の形式のバージョンをダウンロードする
4.3

Google スプレッドシート内でコピーを作成する

スプレッドシートをコピーすると、テンプレートを作成するのに役立ちます。たとえば、プロジェクト計画書を数多く作成するような場合は、まず 1 つの計画書をコピーしておきます。新しいプロジェクトごとにその資料を更新すれば、書式を再設定する必要はなくなります。

スプレッドシートのコピーを作成するには、[ファイル] > [コピーを作成] をクリックします。このコピーの名前を変更してドライブ内の保存場所を変更し、必要に応じて同じ共同編集者と共有します。

Google スプレッドシートでコピーを作成する
4.4

コピーをメールに添付する

以前のプログラムや他の形式(PDF や Excel)を使用しているユーザーとスプレッドシートを共同編集する必要がある場合は、メールの添付ファイルとして送信できます。

  1. [ファイル] > [メールに添付して送信] をクリックします。
  2. 添付する形式を選びます。
  3. コピーの送信先のメールアドレスまたは Google グループを入力します。
  4. (省略可)メッセージを入力します。
  5. 送信 をクリックします。

注: この操作では、コピーを送信するだけで元のスプレッドシートは共有されないので、スプレッドシートの共同編集ツールを使用することはできません。

5

カレンダー、メモ、タスクへのアクセス

スプレッドシートを終了せずに、スケジュールの表示、招待状への返信、ToDo リストの管理を実行できます。

注: カレンダー アイコン、Keep アイコン、ToDo アイコンが右側に表示されない場合は、組織でこれらの機能が有効になっていない可能性があります。G Suite 管理者に問い合わせてください。

このセクションの内容:

5.1

Google カレンダーと予定の表示

  • カレンダーを開くには: 右側にあるカレンダー アイコン   をクリックします。

    その日の予定と月単位の小さなカレンダーが表示されます。

  • 予定の詳細を表示するには: 予定をクリックすると、予定が開いて詳細を確認できます。
  • 予定に返信するには: イベントを開きます。下部の [参加しますか?] の横で返信をクリックします。

カレンダーのその他の活用方法については、カレンダー スタートガイドをご覧ください。

5.2

Google Keep でのメモの表示

  • Keep を開くには: 右側の Keep アイコン   をクリックします。
  • メモやリストを追加するには: [+ メモを入力] または新しいリストアイコン format_list_bulleted をクリックします。
  • メモを編集するには: メモをクリックして、メッセージを入力します。[完了] をクリックします。

Keep のその他の活用方法については、Keep スタートガイドをご覧ください。

5.3

Google ToDo リストでの ToDo リストの表示

  • ToDo リストを開くには: 右側の ToDo リスト アイコン   をクリックします。

    最上部の最新のリストから順にリストが表示されます。

  • 新しいリストを追加するには: 下矢印アイコン arrow_drop_down > [新しいリストを作成] をクリックします。
  • リストを変更するには: 下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックし、リストを選択します。
  • 新しいタスクを追加するには: [+ タスクを追加] をクリックします。メールから新しいタスクを追加するには、メールをタスクリストにドラッグします。
  • タスクを編集または削除するには: タスクにカーソルを合わせ、編集アイコン   をクリックします。[編集] ウィンドウの削除アイコン delete_outline をクリックして、タスクを削除します。

ToDo リストのその他の活用方法については、タスクを管理するをご覧ください。

5.4

アドオンを取得

アドオンで Gmail をカスタマイズする。

  1. 右側にあるアドオン アイコン add をクリックします。G Suite Marketplace でアドオンのリストが開きます。
  2. アドオンをクリックします。
  3. インストール をクリックします。

次のステップ

今すぐ試す

この提案書のテンプレートをコピーしてカスタマイズし、スプレッドシートをお試しください。

トレーニングを続ける

Microsoft® Office® をインストールすることなく Excel で作成したスプレッドシートを編集したり、生産的なプロジェクト計画書やスケジュールを作成したり、共同編集者の行った変更が通知されるように設定したりできます。