ドライブ スタートガイド

このガイドの PDF 版を保存できます。Chrome ブラウザを使用している場合は、このページを印刷して [PDF に保存] を選択します。Chrome 以外のブラウザまたはサードパーティ製の PDF ツールを使用している場合は、それらでウェブページを PDF ファイルとして印刷する手順を確認してください。

ドライブでできること

Google ドライブでは、写真や Microsoft® Word® ドキュメント、Excel® スプレッドシートなどを含むすべてのファイルをクラウドに保存できます。また、Word ファイルを Google ドキュメントで変更したり、Word ファイルを Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライドのファイルに変換したりすることも可能です。

ファイルはパソコン上のデスクトップのドライブ フォルダまたはブラウザから開くことができます。Google ドキュメントで作成したファイルは、ブラウザまたはモバイルアプリで開きます。ドライブ フォルダの他のファイル(Adobe® Reader®(PDF® ファイル用)など)は、パソコン上の通常のアプリケーションで開きます。

必要なもの:

account_circle G Suite アカウント

schedule 10 分

別のクラウド ストレージ ソリューションから移行する場合

必要に応じて次のガイドもご覧ください。

マイドライブまたはチームドライブのどちらを使用するべきか不明な場合

マイドライブとチームドライブの違いについては、ドライブに関するよくある質問のマイドライブとチームドライブの違いでご確認ください。

Google ドライブでできること
1

アップロードと保存

ドライブには、画像、図面、動画など、あらゆるファイルを保存できます。ファイルを 1 つの端末からドライブに保存するだけで、自動的に他のすべての端末で使用できるようになります。ファイルをドライブに保存するには 3 つの方法があります。

このセクションの内容:

1.1

ウェブブラウザでドライブにファイルをアップロードする

ドライブにファイルを保存するには、ファイルのコピーをウェブブラウザからアップロードする方法があります。

  1. ドライブに移動します。
  2.   新規 をクリックし、[ファイルのアップロード] または [フォルダのアップロード] を選択して、アップロードするファイルまたはフォルダを選択します。
  3. [開く] をクリックします。

Chrome や Firefox® の最新バージョンを使用している場合は、パソコン上のファイルを直接ブラウザのドライブページにドラッグすることもできます。

既存のファイルと同じ名前のファイルをアップロードすると、新しい版として追加されます。重複するファイルは作成されません。前の版を確認するには、版を管理できます。

ファイルが正常にアップロードされると、[アップロードが完了しました] と表示されます。アップロードしたファイルには、ブラウザや、ドライブがインストールされたデバイスからアクセスできます。

ファイルをアップロードする
1.2

パソコンでファイルを保存する

注: ドライブ ファイル ストリームではなくバックアップと同期 backup を使用している場合は、Google ドライブでファイルをバックアップして同期するをご覧ください。

パソコンでドライブのファイルを操作する場合は、ドライブ ファイル ストリームをインストールします。ファイルはクラウドに保存され、必要なときにアクセスできます。これによりコンピュータのハードドライブの空き容量が増えてネットワーク帯域幅を節約でき、ファイルの同期完了までの待ち時間が短縮されます。また、ドライブ内のファイルへのオフライン アクセスを有効にすることもできます。こうしたファイルは、オンラインに戻ったときにクラウドと同期されます。

ドライブ ファイル ストリームをインストールしたら、マイドライブには、通常のフォルダのようにマイ コンピュータ(Microsoft® Windows)または Finder(iOS®)からアクセスします。その後、ファイルをドライブに移動できます。ここでクラウドと同期され、パソコンの容量が解放されます。

(後でドライブ ファイル ストリームをアンインストールしても、ドライブのファイルは影響を受けず、ウェブのドライブから引き続きアクセスできます。)

ドライブ ファイル ストリームは、G Suite 管理者が組織またはチームに対して有効にしている場合にのみご利用いただけます。

ドライブ ファイル ストリームをインストールするには:

  1. パソコンで、ドライブのヘルプセンターに記載されているインストール手順を行います。ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream は、Windows では右下、Mac では右上に表示されます。
  2. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  3. Google ドライブ フォルダを開くアイコン folder_mydrive をクリックして、ドライブのファイルとフォルダにアクセスします。

パソコンにドライブ ファイル ストリームをインストールすると、Microsoft® Windows® のエクスプローラーではドライブ、Apple® Mac® の Finder® ではデバイスが作成されます。このドライブまたはデバイスの名前は Google ドライブとなります。ドライブのファイルはすべてここに表示されます。

ドライブのインストール

ファイルをフォルダに移動するには:

  1. ドライブに保存するファイルを決定します。
  2. (省略可)フォルダ内のファイルを整理します。ドライブでも同じファイル構成で表示されます。
  3. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  4. Google ドライブ フォルダを開くアイコン folder_mydrive をクリックします。
  5. ファイルやフォルダを 1 つのフォルダに移動します。これでドライブのフォルダにファイルが保存され、ドライブがインストールされている他の端末と同期されます。

インターネット接続が切断された場合や、同期中にオフラインにした場合でも、後でオンラインになったときに中断された場所から同期が再開されます。

同期を一時停止するには:

  1. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  2. その他アイコン more_vert > [同期を一時停止] をクリックします。

一時停止すると、ローカルで加えた変更は Google ドライブにアップロードされなくなり、オフラインで使用可能な新しいバージョンのファイルもダウンロードされません。[同期を再開] をクリックすると同期が再開されます。

1.3

スマートフォンやタブレットからファイルをアップロードする

ドライブ アプリを使用して、Android や iOS 端末からファイルをドライブに保存することもできます。後でこのアプリをアンインストールしても、ドライブのファイルは影響を受けず、ウェブから引き続きアクセスすることができます。

  1. お使いの端末に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • Android スマートフォンまたはタブレット: Google Play アイコン Google Play ストアのアイコン をタップします。
    • iOS 端末: App Store アイコン App Store をタップします。
  2. Google ドライブ アプリを探してインストールします。
  3. アップロードするファイルを含むアプリを開き、[共有] をタップして [ドライブ] をタップします。
スマートフォンやタブレットからファイルをアップロードする
2

ファイルにアクセスする

パソコン、スマートフォン、タブレットなどを使って、どこにいても Google ドライブのドキュメントにアクセスできます。ドキュメントの変更が完了すると、最新の変更が Google ドライブによって自動的に同期されます。このため、同じドキュメントを別のデバイスで開いても、変更はすべて反映されています。

このセクションの内容:

2.1

同期の状態を確認する

ウェブの場合

ファイルが正常にアップロードされると [アップロードが完了しました] と表示されます。アップロードしたファイルには、ブラウザやドライブがインストールされた端末からアクセスできます。

パソコン

ファイルをドライブ ファイル ストリームのフォルダにドラッグすると、ウェブのドライブに自動的にアップロードされます。ファイルの同期にはしばらく時間がかかる場合があります。

autorenew が表示されているファイルはまだドライブに同期されていません。

done が表示されているファイルはアップロードが完了しており、ブラウザまたはドライブがインストールされている端末からアクセスできます。

同期の状態を確認する
2.2

端末からファイルにアクセスする

同期したファイルは、ブラウザや端末からアクセスできます。

ブラウザまたは端末

要件

アクセス方法

ブラウザまたは端末

web ウェブブラウザ(任意の端末)

要件

任意のウェブブラウザをインストールします。

アクセス方法

drive.google.com にアクセスします。

ブラウザまたは端末

desktop_windows パソコン

要件

ドライブ ヘルプセンターから、ドライブ ファイル ストリームをインストールする。

アクセス方法

ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックし、Google ドライブを開くアイコン folder_mydrive をクリックします。

ブラウザまたは端末

smartphone モバイル端末

要件

Play ストア(Android)または App Store(iOS®)からドライブ アプリをインストールします。

アクセス方法

端末でドライブ アプリを開きます。

2.3

ファイルにオフラインでアクセスする

インターネット接続がない場所や、長時間のフライト中でも、ドライブでは作業を続けることができます。

オフライン アクセスを設定すれば、インターネット アクセスがなくても Google ドキュメントを表示し、フォルダを検索し、ドライブに保存されたファイルを編集できます。

注: 他のユーザーにファイルを見られる可能性を完全になくすには、自分だけがアクセスできる端末でオフライン アクセスを設定します。

ウェブの場合

Chrome ブラウザのみ

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのオフライン アクセスを設定するには: 

  1. ドライブで、設定アイコン settings > [設定] をクリックします。
  2. [オフライン] で [Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、図形描画のファイルをこのパソコンに同期して、オフラインで編集できるようにする] チェックボックスをオンにします。
  3. 完了 をクリックします。

モバイル デバイスでオフライン アクセスを設定するには、ドライブに保存したファイルにインターネット接続なしでアクセスするをご覧ください。

ファイルにオフラインでアクセスする

パソコン

パソコンで PDF、Microsoft® Office® ファイルなどのオフライン アクセスを設定するには:

  1. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  2. Google ドライブを開くアイコン folder_mydrive をクリックします。
  3. オフラインでアクセスするファイルまたはフォルダを右クリックします。
  4. [ドライブ ファイル ストリーム] > [オフラインで使用可能にする] をクリックします。
3.1

ウェブ上に保存したファイルをプレビュー、ダウンロードする

ドライブ ファイルの概要を確認するには、ファイルを右クリックして [プレビュー] を選択します。

プレビュー ウィンドウでは次のことができます。

  • ファイル内を上下にスクロールする。
  • 左矢印 arrow_back_ios または右矢印 arrow_forward_ios をクリックして、ドライブ内の前後のファイルを表示する。
  • ファイルを開いて編集する。
  • ファイルを印刷する。
  • ダウンロード アイコン file_download をクリックしてファイルをダウンロードする。
  • その他アイコン more_vert をクリックして、ファイルの共有、移動、名前の変更などを行う。

後でアクセスできるようにファイルを保存するには、以下のいずれかの方法でファイルをダウンロードします。

  • プレビュー画面で、ダウンロード アイコン file_download をクリックします。
  • ドライブでファイルを選択してその他アイコン more_vert をクリックし、ダウンロード アイコン file_download を選択します。
保存したファイルをプレビュー、ダウンロードする
3.2

ファイルを開く

ウェブの場合

ドライブ で、開きたいファイルをダブルクリックします。

パソコン

  1. ドライブ ファイル ストリーム アイコン drive_file_stream をクリックします。
  2. Google ドライブを開くアイコン folder_mydrive をクリックします。
  3. 開きたいファイルをダブルクリックします。
    • Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームで作成したファイルはブラウザで開きます。
    • その他のファイルは、パソコンの通常のアプリケーションで開きます。
3.3

ドライブのファイルの更新

ウェブの場合

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで作成されていないファイルの旧版を復元するには:

  1. ファイルを右クリックして [版を管理] を選択します。
  2. [新版をアップロード] をクリックし、パソコンからファイルを選択します。
  3. 新版のアップロードが完了したら、[閉じる] をクリックします。
ドライブのファイルの更新

パソコン

ファイルを更新するには、パソコンのドライブ ファイル ストリーム drive_file_stream から直接開きます。ファイルを変更すると、ウェブのドライブと自動的に同期されます。

逆の場合も同様です。ウェブのドライブで変更を加えると、パソコンにも同期されます。これでファイルとフォルダはすべての場所で最新の状態になります。

3.4

ファイルの削除

端末のドライブ上で自分が所有するファイルを削除すると、そのファイルはすべての端末とウェブのドライブから自動的に削除されます。

注: 削除済みファイルはドライブ上のゴミ箱に移動し、ウェブ上でファイルを完全に削除するまではドライブの合計容量を消費します。

ウェブの場合

削除するファイルまたはフォルダを選択して、削除アイコン delete をクリックします。

ファイルを完全に削除する: ゴミ箱のファイルを完全に削除するには、ファイルを選択して [完全に削除] をクリックします。ゴミ箱のファイルをすべて完全に削除するには、ゴミ箱 をクリックして [ゴミ箱を空にする] を選択します。

ファイルの削除

パソコン

パソコンのファイルを削除するときと同様に、削除するファイルやフォルダを選択して削除します。

3.5

削除したファイルの復元

ファイルやフォルダを削除しても、必要に応じてファイルをドライブに復元できます。ファイルを削除した場所がウェブのドライブでもパソコンのドライブ ファイル ストリームでも、復元方法は同じです。

ウェブの場合

ドライブを開き、ゴミ箱アイコン delete をクリックします。復元するファイルを選択して [復元] をクリックします。

削除したファイルの復元
4

整理と検索

これですべてのファイルがドライブに保存されました。次にファイルを整理する方法をいくつかご紹介します。

このセクションの内容:

4.1

フォルダを作成する

パソコン上のドライブ ファイル ストリームやウェブのドライブに作成した新規フォルダは、端末に自動的に表示されるので、どの端末からでも同じ構成を利用できます。

ウェブの場合

ドライブで [新規] > [フォルダ] をクリックします。

パソコン

ドライブ ファイル ストリームを使用して、パソコン上で新しいフォルダを作成するのと同様に Google ドライブ([マイドライブ] または [チームドライブ])内に新しいフォルダを作成します。

4.2

ファイルをフォルダに移動する

ウェブの場合

[マイドライブ] 内のフォルダにファイルを移動するには:

  1. ファイルを選択します。
  2. その他アイコン more_vert > 移動アイコン drive_file_move をクリックします。
  3. フォルダを選択して 移動 または ここに移動 をクリックします。

左側にある [マイドライブ] 内のフォルダにファイルやフォルダをドラッグすることもできます。

検索結果、最近使用したアイテム、スター付き、共有アイテムのビューでファイルを整理するには:

注: [共有アイテム] にファイルを移動する場合、ファイルはコピーされます。

  1. ファイルを選択し、そのファイルの場所がマイドライブでない場合は、マイドライブに追加アイコン add_to_drive をクリックします。
  2. 移動アイコン drive_file_move をクリックし、フォルダを選択して 移動 または ここに移動 をクリックします。

共有ファイルのコピーを作成するには:

  1. [共有アイテム] でファイルを右クリックし、[コピーを作成] を選択します。
  2. (省略可)ファイルを移動するには:
    1. 下部にあるポップアップ ウィンドウで [アイテムに移動] をクリックします。
    2. ファイルを右クリックし、移動アイコン drive_file_move をクリックします。

ファイルをフォルダに移動する

パソコン

移動するファイルを選択して Google ドライブのフォルダにドラッグします。これはパソコン上の他のファイルを移動する方法と同じです。

4.3

重要なファイルやフォルダにスターを付ける

ウェブの場合

重要なファイルやフォルダにスターを付けて、後で見つけやすいようにします。ファイルまたはフォルダを右クリックして、[スターを付ける] を選択します。

スターが付いたファイルやフォルダをすべて表示するには、左のサイドバーで [スター付き] をクリックします。

重要なファイルやフォルダにスターを付ける
4.4

ファイルやフォルダを検索、並べ替えする

ウェブの場合

数百ものファイルから特定のファイルを見つけるのは大変な作業です。代わりにドライブで検索してみましょう。

ドライブ内のファイルやフォルダを検索するには:

  1. ドライブの検索ボックスに単語やフレーズを入力します。
    すばやく検索できるよう、テキストの入力を開始すると検索キーワードの候補が表示されます。
  2. 検索候補をクリックして開くか、検索アイコン search をクリックして検索結果一覧を表示します。

詳細検索オプションを使用するには:

  1. 検索ボックスの右側で下矢印アイコン arrow_drop_down をクリックします。
    1 つまたは複数のオプションを選択して、結果を絞り込みます。
    • 種類: ファイルの種類を指定して検索します。
    • オーナー: ファイルのオーナーを指定して検索します。
    • 場所: ファイルの場所を指定して検索します(ゴミ箱またはスター付きに表示されるアイテムも含まれます)。検索できるのは、マイドライブまたはチームドライブ内のフォルダのみです。自分と共有されているフォルダを検索する場合は、まずフォルダをマイドライブに追加する必要があります。
    • 更新日: 最近変更された項目が表示されます(自分以外のユーザーによる変更も含む)。
    • アイテム名: ファイル名を対象にキーワード検索します。
    • 含まれている語句: 特定の語句を含むファイルを検索します。
    • 共有者: ファイルへのアクセス権限を持つユーザーを検索します。
    • フォローアップ: 提案を含む自分がオーナーであるファイル、または自分に割り当てられたアクション アイテムを含むファイルを検索します。
  2. 検索 をクリックします。

ファイルやフォルダを検索、並べ替えする
5

共有と共同編集

ドライブのファイルやフォルダを共有すると、同僚や社外のユーザーとドキュメントを共同編集できます。

このセクションの内容:

5.1

ファイルの共有およびアクセスレベルの設定と公開設定

ウェブの場合

特定のユーザーとファイルやフォルダを共有するには:

所有権または編集権限を持っているファイルのみ共有できます。

  1. ドライブで、譲渡するファイルやフォルダを右クリックし、共有アイコン person_add を選択します。
  2. [ユーザー] に共有したいユーザーまたはグループの名前かメールアドレスを入力します。

    注: 社外または組織外のユーザーを追加できない場合は、G Suite の管理者にお問い合わせください。

  3. 編集アイコン edit をクリックし、アクセスレベルを変更する:
      • 編集者: コンテンツを追加、編集したり、コメントを追加したりできます。
      • コメント可(一部のファイルのみ): コメントを追加することはできますが、コンテンツを編集することはできません。
      • 閲覧者: ファイルを閲覧することはできますが、コンテンツの編集やコメントの追加を行うことはできません。

    共有相手全員に、ファイルやフォルダへのリンクを含むメールが送信されます。

  4. (省略可)メールにメモを追加するには、メモを入力します。メールを送信しない場合は、[メールで通知] をオフにします。
  5. [送信] をクリックします。

ファイルまたはフォルダへのリンクを共有するには:

ファイルやフォルダへのリンクを他のユーザーに送信すると、リンクを知っている全員がファイルやフォルダを開けるようになります。なお、リンクを共有した場合は、自分の名前がオーナーとして表示されます。

所有権または編集権限を持っているファイルのみ共有できます。

  1. ドライブで、譲渡するファイルやフォルダを右クリックし、共有アイコン person_add を選択します。
  2. 右上にある [共有可能なリンクを取得] をクリックします。
  3. [リンクを知っている 組織名 の全員がアクセスできます] をクリックし、アクセスレベルを選択します。
    • 編集者: コンテンツを追加、編集したり、コメントを追加したりできます。
    • コメント可(一部のファイルのみ): コメントを追加することはできますが、コンテンツを編集することはできません。
    • 閲覧者: ファイルを閲覧することはできますが、コンテンツの編集やコメントの追加を行うことはできません。
  4. [リンクをコピー] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。
  6. メールなど共有する媒体にリンクを貼り付けます。

オーナー権限を持つファイルまたはフォルダの共有を停止するには:

  1. ドライブで、共有するファイルまたはフォルダを選択します。
  2. 共有アイコン person_add をクリックします。
  3. 下部にある [詳細設定] をクリックします。
  4. ファイルまたはフォルダの共有を停止するユーザーの横にある削除アイコン close をクリックします。
  5. 変更を保存 をクリックします。

オーナー権限を持つファイルまたはフォルダへのリンクを削除するには:

ファイルへのリンクを削除しても、共有しているユーザーと自分は引き続きファイルを表示できます。

  1. ドライブで、共有するファイルまたはフォルダを選択します。
  2. 共有アイコン person_add をクリックします。
  3. [リンクを知っている [組織名] の全員] > [オフ - 特定のユーザーだけがアクセスできます] をクリックします。
  4. [完了] をクリックします。

ファイルを共有し、アクセスレベルと公開の設定を行う
5.2

ドライブのアクティビティとファイルの詳細を表示する

ウェブの場合

ドライブで作成したアイテムや、アップロードしたアイテムに対する変更を追跡できます。ファイルやフォルダの特定の情報を表示することもできます。特定のファイルまたはフォルダの履歴を表示するには、ファイルまたはフォルダを選択して情報アイコン info をクリックします。

[履歴] タブで確認できるドライブのアクティビティ:

ドライブ内のアイテムに対する以下の変更を確認できます。

  • アイテムをアップロード、コピー、移動、または削除したユーザー
  • アイテムを共有または共有解除したユーザー
  • アイテムへのコメント、編集、名前の変更をしたユーザー
  • 変更の影響を受けているユーザー

[詳細] タブで確認できるドライブのアクティビティ:

  1. ドライブで [履歴] ペインの上部に表示される [詳細] をクリックして以下の情報や変更を確認できます。
    • ファイル形式とオーナー
    • フォルダのサイズとアイテムの数
    • アイテムを最後に変更、作成、または開いたユーザー
  2. 編集アイコン create をクリックして、アイテムの説明を追加します。

ドライブのアクティビティを表示する
5.3

Google ドキュメント エディタで共同編集する

ウェブの場合

Google ドキュメント、Google スプレッドシート、Google スライド、Google フォーム、Google サイトでは、同じドキュメントをリアルタイムで共同編集できます。どのファイルでもコメント機能を使ってやり取りできるので、メールで何度もやり取りする手間や時間を省くことができます。

[新規] をクリックして、以下のファイルの種類から選択します。後はチームでファイルを共有すれば、一緒にドラフトを作成したり、重要事項を共同編集したりできます。

ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームで共同編集する

エディタ

説明

使用例

エディタ

docs Google ドキュメント

説明

テキスト文書

使用例

提案書、報告書、議事録

エディタ

sheets Google スプレッドシート

説明

スプレッドシート

使用例

プロジェクト計画書、予算表

エディタ

slides Google スライド

説明

プレゼンテーション

使用例

販促用スライド、トレーニング資料、チーム プレゼンテーション

エディタ

forms Google フォーム

説明

アンケート

使用例

顧客満足度調査、グループ アンケート

エディタ

drawings Google 図形描画

説明

図形、グラフ、図

使用例

フローチャート、組織図、ウェブサイトのワイヤフレーム、マインドマップ

エディタ

sites Google サイト

説明

ウェブサイト

使用例

チームサイト、プロジェクト サイト、レジュメサイト

次のステップ

今すぐ試す
トレーニングを続ける

オフライン時のドライブのファイルへのアクセス方法や、キーボード ショートカットの使い方などをご紹介します。