初めてご利用の場合

ゼロから開始

  • アップロードと保存
  • 同期とアクセス
  • 表示と更新
  • 整理と検索
  • 共有と共同作業

 

マイドライブのスタートガイド

チームドライブ スタートガイド

クイック リファレンス

コラボレーションを促進

  • 効果的な仮想チームを作るための活用法トップ 10 チームのメンバーが世界各地に分散していても、G Suite を使用すれば常にメンバー同士がつながって、シームレスに共同作業を行えます。

  • 新人研修での活用法トップ 10 組織では、新しいチームメンバーのトレーニングや研修を効果的に行う必要があります。G Suite を使用すれば、新規メンバーがプロジェクトに早く適応して戦力になるようサポートできます。

  • スレッドの有効性を高める活用法トップ 10 メールのスレッドが多くなりすぎて、受信トレイが制御不能になっていませんか?メールは便利ですが、膨大な量になることがあります。コミュニケーションの効率を高め、スレッドを整理する方法をご紹介します。

  • ブレインストーミングでの G Suite 活用法トップ 10 新製品の名称を考えたり、ランチの場所を変更したりするなど、さまざまな状況で G Suite を使って簡単にチームでアイデアを共有し、フィードバックを受け取って共同作業できます。

作業をより速く

ヒント

ドライブのヒントをすべて見る keyboard_arrow_right

よくある質問

  • ドライブにアップロードできるファイルの種類を教えてください。

    写真、設計図、図面、音声ファイル、動画など、あらゆる種類のファイルをドライブにアップロードできます。

  • ユーザーごとの保存容量はどのくらいですか?

    組織で G Suite Basic をご利用の場合は、ドライブ、Gmail、フォトの合計で 30 GB の保存容量を使用できます。

    組織で G Suite Enterprise または G Suite Business をご利用の場合、保存容量は無制限です(5 ユーザー未満のドメインでは、ユーザーあたり 1 TB になります)。

    組織で使用しているエディションがわからない場合は、G Suite 管理者にご確認ください。

  • 保存したファイルへ他の端末からアクセスする方法を教えてください。

    ファイルをドライブに保存した後は、どの端末のウェブブラウザからでも開くことができます。Android や Apple®iOS® のドライブ アプリでもファイルにアクセスできます。

    たとえば、ファイルをウェブのドライブにアップロードすれば、自動的にスマートフォンやタブレットでもこのファイルを利用できます。端末ごとにファイルをアップロードする必要はありません。

    ファイルのアクセス方法について詳しくは、ドライブのスタートガイドをご覧ください。

  • ドライブでファイルを削除するとどうなりますか?

    マイドライブ - 自分が所有するファイルを削除すると、すべての端末とウェブのドライブからそのファイルが自動的に削除されます。削除したファイルはドライブのゴミ箱に移動し、完全に削除するまでは合計保存容量に含まれます。自分が所有していない共有ファイルを削除した場合、そのファイルのオーナーが削除するまで、他のユーザーは引き続きそのファイルにアクセスできます。

    チームドライブ - 各チームドライブにはそれぞれのゴミ箱があり、そのチームドライブのフルアクセスを持つメンバーのみがファイルを削除できます。ゴミ箱のファイルやフォルダは 30 日が経過した時点、またはそれより前にフルアクセス持つメンバーがゴミ箱から削除した時点で完全に削除されます。フルアクセス編集権限を持つメンバーは、ゴミ箱にあるコンテンツを復元できます。

  • チームドライブとマイドライブの違いは何ですか?

    マイドライブとチームドライブの機能は基本的に同じですが、次の点が異なります。

    チームドライブ マイドライブ
    追加できるファイル形式 すべてのファイル形式 * すべてのファイル形式
    ファイルやフォルダのオーナー チーム ファイルまたはフォルダを作成したユーザー
    ファイルとフォルダの移動 ユーザーはファイルのみ移動できます。管理者はフォルダを移動できます。 はい
    パソコンとのファイル同期 できない** はい
    共有 チームメンバー全員に同じファイルやフォルダが表示されます。 個々のファイルへのアクセス権限に応じて、フォルダに表示されるファイルはユーザーごとに異なることがあります。
    ゴミ箱に移動したファイルの保持期間
    • 各チームドライブにはそれぞれのゴミ箱があります。
    • ゴミ箱内にあるファイルとフォルダは 30 日で完全に消去されます。
    • メンバーはそれ以前に特定のファイルの削除ができます。
    ゴミ箱内のファイルやフォルダは、ユーザーが [完全に削除] を選択するまで削除されません。
    ファイルの復元 編集権限またはフルアクセスがあれば可能です。 該当ファイルの作成者であれば削除できます。

    * Google マップと Apps Script の組み込まれた既存のドキュメントを除く

    ** 新しい Drive File Stream を使用すると、ユーザーは Windows や Mac® でチームドライブにアクセスできます。

  • ドライブの代わりにチームドライブを使用する必要があるのは、どのような場合ですか?

    組織のユーザーにチームドライブの作成を依頼されたら、以下を確認します。

    • 特定のプロジェクト チームの大多数もしくはすべてのメンバーがファイルを必要としているか。
    • ファイルのテーマが一貫しているか。

    答えがどちらも「はい」であれば、チームドライブの新規作成が適切と言えます。

    プロジェクトとチームの数が増えると、コンテンツを探したり管理したりするのが困難になるため、ファイルが多岐のプロジェクトにわたる場合は、複数のチームドライブを作成します。