1
アンケートや調査を紙でなくオンライン フォームで行う

フォームを使用すると、予定の返信、ハードウェアの購入依頼、ボランティアの登録などのオンライン フォームを数分で簡単に作成して配信できます。配信した後にはリアルタイムで回答状況を確認でき、フォームの概要やチャートを使って結果を詳しく調べられます。

2
重要なスケジュールや期限を管理する

スプレッドシートを活用すれば、オンラインのプロジェクト計画を作成し、タスクを管理できます。タスクのリストを作成して各タスクをチームメンバーに割り当てます。チームメンバーは誰でもオンラインのタスクリストをリアルタイムで直接編集できるため、進捗状況をメールで逐一報告する必要はなくなります。カレンダーを使用してオンラインのチーム カレンダーを作成し、スケジュールや期限が変更されたときに情報が周知されるようにすることもできます。カレンダーでチーム会議のスケジュールを調整するときは、プロジェクト計画を予定に添付し、会議の前に全員の進捗状況を確認しておくこともできます。

3
印刷する代わりに、オンラインでコンテンツを作成、保存、共有する

ドライブを使用すれば画像、動画、PDF、その他のファイルを保存したり管理したりできます。ドライブはクラウドに同期されるため、全員が常に最新のコンテンツにアクセスできるようになります。ドライブの共有機能とアクセス制御機能により、社内のチームや社外のパートナーと簡単かつ安全に共同で作業することができます。

新しいドキュメントはブラウザで作成できます。ドキュメントで資料を作成して共有したり、スプレッドシートスライドでグラフやプレゼンテーションをオンラインで共有したりすれば、トレーニング セッションで使う資料を大量に印刷せずに済みます。関係者全員が各自のパソコン、タブレット、スマートフォンで最新版を表示し、リアルタイムでフィードバックを追加できます。

4
バーチャルの掲示板を作成する

お知らせ、今後の予定、最新のプロジェクトの進行状況などをチームで共有する必要がある場合、情報を印刷したり郵送したりする必要はありません。Google グループを使用してバーチャル掲示板として機能するメーリング リストを作成すれば、全員の受信トレイにメールを一度に配信できます。

5
オンラインでのブレインストーミングとフィードバック

チームの人数が多かったり、レビューや共有目的で印刷されたドラフト バージョンが複数あったりすると、作業内容について他のメンバーからアドバイスを得ることが難しくなる場合があります。ドキュメントスプレッドシートスライドを活用し、ファイルをオンラインで作成してからチームメンバーや関係者と共有すれば、的の絞られたアドバイスを得ることができます。

6
社内ウェブサイトでチームとリソースを共有する

リソースの管理には時間がかかることがあります。チームが世界各地にいる場合はなおさらです。サイトを使用すれば、すべてのアセットを 1 か所で管理できます。チームメンバーはどこにいても最新のリソースにアクセスできます。

7
ドラフト バージョンを 1 つのファイルにまとめ、前のバージョンにいつでも戻すことができる状態に保つ

動画、画像、PDF などのファイルで作業する際、複数のドラフト バージョンを参考用に保存することがあります。ドライブでは、すべてのドラフトを 1 つのファイルに保存して整理し、必要に応じていつでも前のバージョンに戻すことができます。

ドキュメントスプレッドシートスライドで新しいバージョンを作成すると、すべてのドラフトは同じファイルに自動的に保存されます。変更履歴を使用すれば、変更を確認したり、前のバージョンに戻したりすることができます。

8
出先で紙のドキュメントをスキャンしてオンラインで保存する

スマートフォンのドライブアプリを使用してスキャンすれば、レシートやドキュメントを紙で保管する必要がなくなります。タップするだけであらゆる書類の PDF を簡単に確認できます。

9
ドキュメントやスプレッドシートの PDF 版を送信する

PDF ファイルは簡単にダウンロードしたり既存のプログラムで開いたりすることができますが、更新する際には同じファイルの別バージョンを何度も作成し、送信する必要があります。ドキュメントスプレッドシートでファイルを作成し、その PDF バージョンのリンクだけを共有しておけば、更新するたびに新しい PDF ファイルを作成し、送信する手間がかからなくなります。同じリンクで開かれる PDF ファイルの内容は、常に最新版になっています。

10
いつ、どこにいてもできる新入社員のトレーニング

タイムリーなトレーニングを必要とする従業員が世界各地にいる場合やオンサイトのトレーニング コストと印刷する資料を減らしたい場合、ハングアウトを使えば、時間も出張費もかけずに世界各地を結んでバーチャル トレーニング クラスを開くことができます。また、Google サイトでウェブページを作成し、新しいメンバーの研修用リソースやトレーニング リソースをすべて掲載しておけば、重要な参考資料が 1 か所で簡単に見つかるようになります。

まだサービスをご利用でないお客様

無料試用の開始

営業担当へお問い合わせ

既にサービスをご利用のお客様

トレーニングとヒント